1. ホーム

クレジットカードのショッピング枠って何?

クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」2つの枠があるのはご存じでしょうか。

キャッシング枠はその名の通り、キャッシング(借り入れ)のことです。最近では銀行のキャッシュカードにおキャッシング機能が付いたものまであるようです。

ショッピング枠とはお買い物用、一般的に皆さんがクレジットカードとして思い浮かべる機能のことです。
では、お買い物用の機能でどうして現金化ができるのでしょうか?

それは、クレジットカードで購入した商品を買い取って、もしくはキャッシュバックシステムにより現金化が利用者に振り込まれるという仕組みがあるからである。
一般的にクレジットカード現金化といわれるものである。

当月のおすすめ!3店舗

  • あんしんクレジット

    あんしんクレジット
    年齢に関係なく幅広い層から人気がある店舗になります。
    スタッフ対応も◎
    換金率も高めの設定になっているのも嬉しいですね。

  • 親和ギフト

    親和ギフト
    社会人からの人気が高いのが特徴。
    スタッフ対応も◎
    キャンペーンも多数実施中。
    今なら現金プレゼント実施中!

  • 生活ギフト

    生活ギフト
    他店の換金率も相談可能。
    どうしてもの時に頼りになる優良店舗です。
    スタッフ対応も◎
    即日対応もOK。

  • 人気の店舗一覧の中から優良店を探す

消費者金融などのシステムとの違い

消費者金融とショッピング枠現金化は、同じキャッシングサービスではありますが、申込み・支払いシステムが少々異なります。

消費者金融の場合、利用者は業者から直接お金を借りるため、借りたお金に利子をつけて業者に返済するという流れになります。そのため、返済が滞った場合は、業者や業者に雇われた人から直接返済の催促があります。
一方、ショッピング枠現金化では、クレジットカードでショッピングすることで現金を手に入れるというシステムですので、間にクレジット会社が入ります。
家具や家電など、金額の大きな商品をクレジットカードで購入した方はご存じかと思いますが、一括払いできない商品は分割払い・リボ払いを指定して、毎月決まった返済日に少しずつ支払うという流れになります。

一括払いでは金利はかかりませんが、分割払い・リボ払いではクレジット会社が定める金利がかかります。
この時、商品を購入した店舗には、すでに商品代金が全額支払われているため、返済が遅れたとしても店舗から直接催促が来ることはありません。

なぜなら、クレジットカードというシステム自体、利用者の社会的信用(クレジット)を担保にして商品代金を立て替えるシステムであり、ゆえに代金後払いが成立するのです。
このように、ショッピング枠現金化の大きなポイントは、

業者ではなくクレジット会社に対して債務が発生することにあります。そのため、消費者金融のように厳しい審査が行われることはなく、信用情報のチェックなどもありません。また、クレジット会社の審査については、クレジットカードを作るときにすでに終了しています。

クレジットカードのショッピング枠は、利用者によって一人一人限度額が異なりますが、それはカードを申込んだ時の利用者の個人情報から信用の度合いを判断し、「この金額までなら立て替えることができる」とクレジット会社が定めたものです。
このように見てみると、ショッピング枠現金化とは、要するにクレジット会社に対するキャッシングであることが分かります。

では、具体的にショッピング枠現金化とは、何をショッピングして現金を手に入れるのでしょうか。

答えはずばり、「現金」です。利用者はクレジットカードを使用して、「現金化できる商品」「現金キャッシュバック付きの商品」を購入し、その商品を換金するか、キャッシュバックという形で指定口座に入金してもらうことで、現金を手に入れます。
その「商品」の代金は、先述した通りクレジット会社から現金化業者へ、そして利用者からクレジット会社へと支払われます。

現金化の目的をしっかりと持って返済計画を

計画を


ショッピング枠現金化では、利用目的は一切問われません。

生活費だけでなく、事業資金や自己投資などに使用することもできます。
では、ショッピング枠現金化を利用する方は、一体何にお金を使っているのでしょうか?

消費生活センターに寄せられた相談から、その目的について見てみると、生活費借金返済のために利用している方が多いといいます。
これは消費者金融の利用目的と似ていますね。
ただし、ショッピング枠現金化の利用者は消費者金融から借入できない方、利用可能額いっぱいまで借りてしまっている方が多く、最後の借入先としてショッピング枠現金化を利用するため、ここで返済に行き詰ったら債務整理するしかないというケースが多いです。
転職中で一時的に収入がない、もうすぐ信用情報から事故情報が消えるのでそれまでの間ショッピング枠現金化を利用したい、そのような一時しのぎで利用するならよいですが、多重債務を背負っている状況でさらに生活費のためにお金を借りても、返済に行き詰ってしまう可能性が高いです。

当たり前のことですが、生活費を見直して収支のバランスを図らないと、借金をしても返済することができません。
借金の返済のためにショッピング枠現金化を利用する場合も同様です。
多重債務を抱えていて返済日が間に合わない、返済計画を見直したいという時は、おまとめローンの代わりにショッピング枠現金化を利用することもできますが、返済のあてもないのにその場限りの返済を繰り返しても、いずれは破綻してしまいます。

生活費や借金返済のためにお金が必要という方は、一度自分の返済能力を見直しましょう。

ショッピング枠現金化を行った方が良い場合もありますが、債務整理した方が良い場合もあります。
その他の利用目的としては、ギャンブルに勝つための情報料や、内職のための費用として、ショッピング枠現金化を紹介されるケースもあります。
お金がないけどどうしても情報を知りたい、内職を始めるために専用サイトを作成してもらいたい、そういう気持ちにさせられた後にショッピング枠現金化を紹介されると、と楽観的に考えてしまう方が多いです。

情報商材やサイト作成費用のためにお金を使うことは自己投資と言えますが、実際に開けてみないとどうなるか分からないという不安があります。
使えない情報を掴まされたり、サイトを作成しても一向に集客に繋がらなかったりすると、ショッピング枠現金化を行ってまで現金を手に入れた意味がありません。

ショッピング枠現金化は、利用目的を問わずに自由にお金を使うことができますが、その分自己責任が伴うことを忘れないようにしましょう。

ショッピング枠が100%現金化できるわけではない

ショッピング枠が50万円あれば、もちろん50万円を現金化してお金に変えることができます。

しかし、ショッピング枠が100%現金化できるわけではありません。

新品の商品をそのままリサイクルショップに持ち込んでも、新品と同じ価格で売れるわけではないように、手数料を差し引かれると、実際に手に入る金額は決済価格の80%前後です。取引金額やサービス業者によって上下しますが、大体80%が相場となります。
消費者金融の上限金利が20%ですから、一見すると対して変わらないように見えますが、ショッピング枠現金化ではクレジットカードの支払日に代金を支払う必要があります。
年利20%ではなく月利20%ですので、その差は歴然です。
といっても、20%の手数料を支払うのは最初だけで、あとはクレジットカードの支払い方法に応じて金利がかかります。
クレジットカードの金利は、大体年利10~15%程度ですので、キャッシングよりも低い年利で返済することができます。
もちろん、1回払い、2回払い、ボーナス払いでは金利が発生しません。
現金化した金額が小さければ、なるべく金利のかからない返済方法を利用しましょう。

クレジットカード会社によっては、支払いを開始する月を延期することができるスキップ払いも選択することができるので、使用するクレジットカードの機能についてよく確認しておきましょう。
また、手数料が発生するということは、手数料を加えた金額を申し込む必要があるということです。

例えば、
10万円を手に入れるために10万円の商品を決済しても、換金率80%なら銀行口座に振り込まれる金額は8万円です。この場合、12万5千円の商品を申し込まないと、10万円を手に入れることができません。そのためには、ショッピング枠も12万5千円以上の空きが必要になります。


もしもショッピング枠の空きが不足する時は、複数のクレジットカードを使用することも可能です。
ただし、分割するとそれだけ決済手数料がかかりますので、なるべく1枚のカードで決済することをおすすめします。

法人や個人事業主の方はビジネスカードを所有しているかもしれませんが、ビジネスカードの方が一般カードよりもショッピング枠が大きく、まとめて現金化することができます。
ただし、現金化業者によって取引できる金額に上限があるため、必ずしもショッピング枠を全額取引できるとは限りません。
大きな金額を取引したい方は、事業主専用の現金化業者が存在するため、そちらを利用することをおすすめします。

2つのメリット

ショッピング枠現金化には、2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、自宅にいるだけですべての処理を完結できることです。
インターネットや電話から現金化業者に連絡すれば、すぐに必要な金額を指定口座に入金してもらえます。
そのため、金融機関に出入りしているところを近所の奥様に見られてしまうという心配もありませんし、自宅や職場への所在確認などもないため、キャッシングすることを周囲の人に知られる心配もありません。
また、万が一支払いが滞った場合も、利用者がお金を直接借りているのは、現金化業者ではなくクレジット会社ですので、業者から厳しい取り立てに遭うという心配はありません(クレジットカードを使用したショッピングは、すべてクレジット会社が一時的に代金を立て替えるという仕組みになります)。

2つ目のメリットは、申込時に審査が行われないということです。
キャッシング業界では通常、借金を踏み倒されることがないように、申込者の信用について厳しいチェックが行われます。
たとえば、債務者の年齢や年収、住所、勤務先や勤続年数、固定電話番号の有無などであり、大手消費者金融では解答内容をポイントに変換して、コンピューターで一括審査します。
そのため、年収の低い方や働き方が不安定な方は、コンピューター審査によって簡単に落とされてしまいますし、コンピューター審査を通過しても個人信用情報に問題があると、本審査を通過することができません。

ショッピング枠現金化を利用する方によくあるのが、申込みブラックに指定されていて、一定期間消費者金融を利用できないという方です。
申込みブラックとは、短期間に消費者金融を3回以上申込むと、自動的にブラック登録されてしまうことです。そのようなことを知らないまま、滑り止めとして複数の消費者金融に申込んでしまうと、返済能力の有無に関わらず自動でシャットアウトされてしまいます。
また、過去6か月間の間に遅延トラブルを起こしている方も、信用情報に履歴が残っているため、新たに借入することは難しいでしょう。
しかし、ショッピング枠現金化では、年収や勤務形態、個人信用情報について細かいチェックが行われないため、どのような方でもほぼ100%の確立で現金を手に入れることが可能です。

そのため、無職や専業主婦の方、ブラックの方でも利用できるキャッシングですが、借りたお金は当然返済しなくてはなりません。あくまで自己責任が伴うということを忘れないようにしましょう。