クレジットカード会社にクレジットカード現金化がバレるキッカケとは?

クレジットカード現金化は、違法行為ではないですが、クレジットカード会社からは利用規約で禁止されている行為です。

 

そのため、現金化していることがバレたり疑われてしまうと、クレジットカードの利用停止という厳しい処分を課せられてしまうことになります。

 

その際には、クレジットカード会社の側から親切にヒアリングをしてくれるということは一切なく、カード会社の判断で利用停止という処分になります。

 

こちらの言い訳はほとんど聞いてもらうことができませんから、疑われないようにクレジットカード現金化をする際には細心の注意が必要なのです。

 

クレジットカード会社にバレるのは、キャッシング枠をギリギリ一杯使っている人が、金券やギフトカード、新幹線の回数券などをまとめ買いした時です。

 

また、現金化を希望する人は手持ちの現金に困っている傾向にあるため、カードの支払い遅延や延期などの返済状況についてもチェックが入ることになるでしょう。

 

もしもクレジットカード会社にバレることなく現金化したいのなら、ネット業者などを利用してバレない対策に務める他、カードの返済などは普段から遅れることがないようにしっかりと払うことが必要です。

また、まとめ買いをする頻度を抑えることもポイントです。

コメントを残す