クレジットカードの現金化を見つかりやすい人とはどんな人?

クレジットカード現金化は有効期限内のクレジットカードを持っている人であればだれでも利用することができます。

 

とはいえ、現金化を疑われやすい人と疑われにくい人がいます。

 

では、どんな人がクレジットカードの現金化をするとカード会社に見破られてしまう可能性が高いのでしょうか。

1つ目は「無職」の人です。

無職の場合、消費者金融を利用して現金を調達するということができません。

 

というのも、「総量規制」という制度がスタートして、年収に対して3分の1までしか融資をしてはいけない、という状況になっているからです。

そのため、無職の人はキャッシュに困っても金融業者からは借入ができません。

そうした状況にある人が突然高価な買い物をした場合、カード会社は当然「何を買ったのか」に関して詳細なチェックを行ないます。

 

ですから、カード現金化が露見してしまう可能性がとても高いのです。

2つ目は「生活スタイルと合わない商品を大量購入すること」です。

 

カード会社ではコンピュータシステムで利用者のモニタリングを随時行っており、回数券やギフト券のような換金性の高いものを大量に購入するとすぐに担当者へ通知がされるようになっています。

そこで「利用者の生活スタイルと明らかにそぐわない」と判断された時には、必ず詳細をチェックされるということを覚えておきましょう。

コメントを残す