1. ホーム
  2. ≫年齢制限という規制は無い!

年齢制限という規制は無い!

年齢制限


ほとんどの消費者金融では、20歳以上60歳あるいは65歳以下の方しか申し込めないという年齢制限があります。

そのため、60代の方が新たに消費者金融を利用しようとしてもなかなか新規契約は難しいでしょう。

では、40歳や50歳なら消費者金融の審査に通るかというとそうでもなく、働き盛りの年齢を超えると徐々に審査が厳しくなります。

年齢が高くなると、一定の収入があり社会的信用も高くなるため、審査に有利になるというメリットもありますが、その一方で安定した収入があるにも関わらず消費者金融を利用する理由は何か、安定した収入がないとしたらその理由は何かということを明確にチェックされます。

そのため、40代を超えると消費者金融の審査に通ることが難しくなり、お金の工面に困ってヤミ金に走る方も出てきます。

しかし、ヤミ金に頼らなくても無審査でお金を工面できる方法があります。

それがクレジットカードのショッピング枠現金化です。

ショッピング枠現金化は、現金化業者から特定の商品をクレジットカードで購入し、商品代金の一部を還元してもらう方法です。

商品の取引方法は業者によって違いがありますが、営業時間内であればほとんどの業者が即日入金に対応しており、すぐにお金が必要な時にも活用できます。

クレジットカードを持っていないという方も、クレジットカードの年齢制限には上限が明確に設定されておらず70歳前後まで発行できることが一般的ですので、あまり年齢を気にせず申し込むことができます。

ただし、クレジットカードを新規発行する時はキャッシング機能を付帯できることが多いので、まずはキャッシング機能を申し込みましょう。

ショッピング枠現金化はショッピング機能を利用して現金を手に入れる方法ですが、クレジットカード会社の利用規約に違反するとともに、現金化業者に支払う手数料が高めです。
一方、キャッシング機能が利用できれば、クレジットカード会社の利用規約に違反することなく低金利で融資を受けることができます。

ショッピング枠現金化は、消費者金融の審査に通らず、クレジットカードのキャッシング機能も付帯できないという状況になってから初めて検討するサービスです。

どうしてもお金が必要というシーンに限って利用しましょう。

また、クレジットカード現金化を行う際は、悪徳業者の存在にも気を付ける必要があります。

業者の口コミ・評判について詳しく調べ、信用できると思った業者のみ利用するようにしましょう。

キャッシングの限度額以上のお金を手に入れる方法

限度額以上


消費者金融を利用することに抵抗がある方も、クレジットカードのキャッシングは気軽に利用している方も多いでしょう。

クレジットカードを申込む際に付帯できるキャッシング機能は、クレジットカードを申し込む時に一緒に付帯することができるので、最初に申し込んだら新ためて審査を受ける必要がないということも大きなメリットです。

しかし、クレジットカード会社にとってキャッシングはあくまで二次的な機能ですので、消費者金融のように総量規制ぎりぎりまで限度額を設定することはありません。

上限が低いので、安定した収入のある方でも十分なお金を借りられないことは多いです。

もともキャッシングの上限に達してしまい、さらにお金を借りたい時、消費者金融を利用せずにお金を借りる方法はあるのでしょうか? 

一番簡単なのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。

ショッピング枠とは、クレジットカードで買い物できる金額、クレジットカード会社に立て替えてもらえる金額であり、キャッシング枠と違ってどのクレジットカードにも付帯しています。

クレジットカードのメイン機能なので限度額も高めであり、まとまったお金も現金化しやすいです。

現金化とは、クレジットカードで購入した商品を換金することです。

たとえば、急遽30万円必要になったけど手持ちのクレジットカードのキャッシング枠が20万円しかなく、残り10万円足りない時、クレジットカードで12万円のパソコンを購入し、買取店に持ち込んで10万円で転売したとします。
これで30万円用意できたので、あとはキャッシングの20万円とショッピングの12万円をそれぞれ支払うだけです。

現金化は少々面倒に思われるかもしれませんが、専門業者を利用するとスムーズに換金できます。

申込当日に現金化することも可能であり、すぐにお金が必要な方にもおすすめです。

ただし、業者によって取引の流れや還元率が異なるため、問い合わせをしてサービス内容をよく確認する必要があります。

還元率とは、商品代金から手数料を引いて消費者に還元される金額の割合です。
12万円の商品が10万円になる場合、還元率は80%ということになります。
現金化の相場は還元率80%程度であり、相場よりも還元率が低すぎる業者は悪徳業者と言えます。

還元率が低いと言っても、ホームページに本当の数字を記したら消費者が集まりませんので、反対に誇大広告を表記します。

還元率95%以上を宣伝している業者は悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。