1. ホーム
  2. ≫振り込め詐欺に利用する悪徳業者とは?

振り込め詐欺に利用する悪徳業者とは?

振込め詐欺


ショッピング枠現金化のホームページには、しばしば「振り込め詐欺に注意」という注意書きが書かれています。

ショッピング枠現金化を悪用する振り込め詐欺とは一体何なのでしょうか?

振り込め詐欺といえば、「おれおれ詐欺」や「母さん助けて詐欺」など、家族に成りすましてお金を振り込ませる方法で有名です。
しかし、ショッピング枠現金化を悪用する詐欺は主に、お金に困っている人にギャンブルの必勝法を教えるなどと偽って架空請求を行うものです。
お金に困っていると、一発大逆転をかけてギャンブルしようと思う方も出てきますが、ギャンブルは一朝一夕で勝てるものではなく、逆に大負けして借金を増やしてしまう方も多くです。
しかし、その一方でギャンブルに勝ち続ける人も中にはおり、そのような人を見ていると「何か必勝法があるのではないか?」「人が作っている機械なのだから、システムを理解すれば勝てるのではないか?」などと思ってしまいます。そのような時に「パチンコ必勝法」や「競馬必勝法」を教えるという広告を見ると、大枚をはたいてでもその方法を知りたくなります。

「お金がなくても必勝法さえ分かれば巻き返せる!」そう思うと、借金することも苦になりません。
しかし、すでに消費者金融の融資枠を使い切っていたり、無職や転職中で消費者金融の審査に通らなかったりすると、お金を工面する方法も限られてきます。

「情報が欲しいけどお金がない」そんな消費者の心理を見透かすように、悪徳業者は「クレジットカードを所有していれば簡単にお金が作れる」と言い、ショッピング枠現金化を促します。
その結果、新たな借金を重ねてしまいますが、消費者が満足するようなギャンブル必勝法などなく、適当な情報を掴まされるか、業者と連絡が取れなくなって終了します。

結局消費者が泣きを見ることとなるのです。

もちろん、ショッピング枠現金化自体は振り込め詐欺とは一切関係ありません。
むしろ、振り込め詐欺に悪用されることで現金化業者の評判が落ちることを懸念している業者も多く、上記のように注意勧告している業者も少なくありません。

悪徳業者の中には、まるで現金化業者を関係業者のように偽って紹介するケースもあり、後になって消費者から「ギャンブルの必勝法はどうした!?」とクレームを付けられる現金化業者もいます。
当然、現金化業者にクレームを付けてもどうしようもありませんし、お金を使ってしまった以上、決済をキャンセルすることもできません。ギャンブル必勝法という甘い誘惑に騙されないよう用心しましょう。

個人営業の現金化業者は注意

個人営業注意


インターネット上には、ショッピング枠現金化を行う業者が400以上存在します。
その中には、法人ではなく個人で行っている業者もいます。

個人で行う場合、事務所を持たず自宅で運営している方が多く、ホームページに所在地を表記しない業者が多いです。
また、トラブルが発生すると音信不通になるケースも多く、所在地が分からないため、業者と連絡を取る手段が断たれてしまいます。

そのことを悪用して、ショッピング枠現金化で詐欺を働こうとする業者も残念ながら存在しています。
そのため、ショッピング枠現金化を行う時は、個人経営や所在地不明の業者は利用しない方がよいでしょう。

個人経営では信用がないと分かっているため、法人であると嘘の情報をホームページに表記することもありますが、法人かどうかについては調べればすぐに分かることですし、結局所在地もデタラわメですので、住所検索してもその業者まで行きつかないことが多いです。

インターネットを用いて通信販売などを行っている業者は、ホームページ上に「特定商取引法に基づく表示」が義務付けられており、表示内容は、事業者名、店舗名、所在地、電話番号、設立、代表社名、営業時間、販売価格、支配方法、返品方法などになります。
ホームページに会社概要がない、会社概要があっても情報が十分表記されていない、そのような場合は個人が法人を偽っているなど、悪徳業者の可能性が高いです。ショッピング枠現金化を行う時は、情報の不確かな業者は利用しないようにしましょう。

会社情報以外にも、費用のかからない携帯サイトや、クオリティの低いホームページしか持たない業者は注意が必要です。
また、現金化詐欺を行わないものの、ホームページに書かれている内容が偏っていたり、誇張されていたりする場合もあります。
たとえば、ホームページ還元率95%と書かれていても、実際に連絡を取ってみると手数料などを差し引かれ、最終的な還元率は80%になるなど、ホームページを見ただけでは分からない場合もあります。

ショッピング枠現金化はライバルの多い業界ですので、少しでも顧客を獲得するために還元率の高さなどを誇張して、問い合わせに繋げるケースが多いです。
会社情報のしっかりしている業者でも、問い合わせの際は必ず、最終的な還元率(手数料の内約)、振込日、振込時間について確認しましょう。

振込日は、余計なトラブルを避けるためにも即日振込に指定し、すぐに結果を確認できるようにしましょう。