1. ホーム
  2. ≫現金化における個人情報の取り扱い

現金化における個人情報の取り扱い

個人情報に注意


ショッピング枠現金化を利用する時に気になるのは、個人情報の取り扱いについてです。

ショッピング枠現金化では、本人確認のために身分証明書を提示する必要があります。

また、インターネットを利用する場合は、クレジットカードの銀行口座番号を教えることとなります。
ショッピング枠現金化を利用すると、これらの個人情報を悪用される恐れはないのでしょうか?

結論から言うと、優良業者では個人情報の悪用はほぼ100%ありません。
ショッピング枠現金化はグレーゾーンのサービスですが、顧客からの信用を失うと成り立たないサービスでもあります。
簡単に情報が漏れるようなサービス会社からは、すぐに顧客がいなくなり、あっという間に悪評が広がってしまいます。

悪徳業者の中には、悪評が広がってもすぐに新しいサイトを作ればいいと考える者もおりますが、ショッピング枠現金化というのは大変競争率の激しい世界であり、信用の不確かなサービス会社というのは、ほとんど利用されることがありません。
しかも、サイトを何度も作るためにはお金がかかりますので、自然と1つ1つのサイトの品質が悪くなります。
また、正体をばれるわけには行かないので、情報公開を行うわけにはいきません。
そのため、情報の透明性や還元率の高さ、公式サイトの品質などから悪徳業者を判断することは素人でも容易にできます。

携帯用サイトしか持たないサービス会社を避けるだけでも、悪徳業者に引っかかるリスクは大きく減少するでしょう。


しかし、そもそも悪徳業者とは、収集した個人情報を何に使用するのでしょうか。

免許証などの身分証明書のコピーは、以前であれば金融機関を勝手に利用するために使われることもありましたが、現在は身分証明書のコピーだけでは取引は成立しません。
ただし、免許証の写真だけを入れ替えるなどして、偽造免許証を作成するという可能性はあるので、やはり信用できない業者に対しては、安易に身分証明書を提示するべきではないでしょう。
また、銀行口座の番号については、それだけでは勝手に出金することはできませんが、勝手に入金することはできます。
勝手に入金してどうするのかというと、「お金を貸したのだから利息をつけて返済しろ」という脅しに使います。
これは「押し付け金融」という詐欺の一環であり、もちろんお金を払う必要はありません。
また、送金手続きをした銀行に依頼することで「組み戻し手続き」をし、振り込まれたお金をそのまま返すこともできます。
このような詐欺については、恐れる必要はありません。

個人情報の取り扱いに注意

注意


ショッピング枠現金化を行うためには、いくつかの個人情報を伝達する必要があります。
個人情報といっても、消費者金融の審査のように、勤務先や年収、配偶者の有無など、返済能力を図るための細かい情報は必要ありません。
ショッピング枠現金化は無審査ですので、必要最低限の情報だけで誰でも簡単に利用することができます。

では、どのような情報が必要なのでしょうか。

まず必要となるのは、本人の身分を確認できる書類です。
ショッピング枠現金化ではクレジットカードを使用しますが、第三者のクレジットカードを不正利用しないように、申込者本人の所在・本名について確認しておく必要があります。
また、インターネット通販ではなく店舗で取引する場合は、クレジットカードを業者で使用するわけではありませんが、古物商に商品を売るためには、盗難品の転売などを防止するため、商品を売却する人の身分を証明する必要があります。

そのため、いずれの取引方法を選んでも本人確認書類を提出する必要がありますし、逆に本人確認不要という業者は危機管理能力に欠如している危ない業者と言えるでしょう。

本人確認書類には、運転免許証や住民票、パスポートなど、住所と本名の記載されている書類が1つ必要です。
次に必要となるのは、銀行口座に関する情報です。
これはインターネット通販を利用している方のみであり、業者が消費者にお金を送金するために必要となります。
銀行口座がないと、直接現金を手渡しで受け取らなくてはならないため、最低1つは開設しておく必要があります。
クレジットカードを所有している場合、当然銀行口座もあると思いますので、あまり問題ないでしょう。

最後に必要となるのは、クレジットカードに関する情報です。
こちらも、インターネット通販を行う方のみ必要となりますが、クレジットカードの情報については少々注意が必要です。
ショッピング枠現金化でクレジットカードが必要になるのは、あくまでネット決済するためであり、決済画面以外に入力する必要はありません。
ところが、悪徳業者の中には初回申し込みの際に、プロフィールの一部にクレジットカード情報を入力する項目を作り、さりげなく情報を取得しようとしたり、本人確認書類とともにクレジットカードの画像送信などを要求したりする場合もあります。
クレジットカードの情報が渡ってしまうと、まだ取引すると決まっていないのに勝手に現金化されてしまう可能性があります。

ショッピング枠現金化に限った話ではありませんが、個人情報の取り扱いにはくれぐれも注意が必要です。