1. ホーム
  2. ≫白に近いグレーと黒に近いグレー

白に近いグレーと黒に近いグレー

グレー


ショッピング枠現金化はグレーゾーンのサービスですので、違法性についてしばしば問題視されることがあります。
しかし、ショッピング枠現金化と一言でいっても、業者によってサービスの提供方法に違いがあり、白に近いグレーもあれば、黒に近いグレーもあります。

白に違いグレーというのは、消費者にサービス内容をきちんと説明した上で、違法性の低い買取方式で取引している業者といえます。
違法性といっても、古物商が商品を買い取るだけですので、合法的に営業している質屋や各種中古店と手続き上は変わりません。

しかし、初めから換金目的で取引するということがクレジットカード会社の利用規約に反するため、完全に合法と言い切ることはできません。
そのことについては消費者も納得して取引すると思いますが、声高に「合法である!」と主張する業者は、誇大広告を行う業者と同じく、消費者に誤解を与えた上で取引しようとする悪質性があります。

そのような業者は、買取方式であっても黒に近いグレーといえます。
実際、消費生活センターに寄せられる相談も、「ショッピング枠現金化についてよく知らないまま取引してしまった」という内容が多いです。

きちんと説明している業者、成約通りに取引している業者を利用すれば、消費者も納得した上で取引するため、このような苦情に発展することはありません。
また、黒に近いグレーどころか、詐欺を目的とした真っ黒な業者も残念ながら存在します。
ショッピング枠現金化では、ホームページで誇大広告を行って集客している業者がおり、問い合わせてみるとホームページの内容と違った、ということは割とあります。
ですが、問い合わせの際に正しい内容を教えてもらえれば、その時点で契約するかしないか、改めて判断することができます。

しかし、詐欺目的の業者は、契約するまで一貫して嘘を吐き続けるため、業者を信じ込んでしまうと騙される可能性が高くなります。
成約内容を覆すことは当然違法行為ですので、詐欺として訴えられるのは当然です。
黒に近いグレーはあくまでグレーですが、本当に注意しなくてはならないのは真っ黒な違法業者も存在です。
ショッピング枠現金化に限らず、お金に関する世界ではどこからともかく違法業者が現れますので、このような業者を利用しないように細心の注意を払う必要があます。
とはいえ、違法業者を見分けるのは、実はそれほど難しいことではありません。

たとえば、会社を設立してから間もない業者、換金率が相場よりも高すぎる業者などは、違法業者の可能性が高いです。
設立年数が長く、換金率が相場の業者をチェックしていくと、自然と知名度の高い大手に辿り着くと思います。

現金化を紹介されたら?

紹介されたら


インターネットで在宅アルバイトなどを探していると、登録料と称して現金の支払いを求めるケースがあります。
「誰でも簡単にできる仕事」「登録したらすぐに始められる」などと言われてお金を払うも、結局仕事を紹介されなかったり、十分な報酬を得られなかったりする場合があります。

その他にも、「教材を買えば仕事を紹介する」「特殊な仕事だから研修料が必要」「仕事を紹介するための情報料」など、様々な手口でお金を引き出そうとする詐欺があります。
中には、本当に仕事を紹介してくれる、仕事のやり方を教えてくれる場合もあるでしょうが、代金の支払いのためにショッピング枠現金化を紹介するような業者は、振り込め詐欺の可能性が高いです。

お金がないから仕事をしたいのに、仕事を始めるためにお金が必要と言われても、ほとんどの消費者は躊躇します。
「お金がなくて登録することができない」そう消費者が悩んでいると、「お金がなくても現金を手に入れる方法がある」などとショッピング枠現金化を紹介します。

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠から手数料を差し引いた金額を現金化することができますが、クレジットカードで現金を購入しているようなものですので、あとで商品代金を支払うしかありません。
そのことを知らされず、ただ「現金を手に入れる方法」としてショッピング枠現金を紹介され、素直に利用してしまう方もおりますが、結局仕事を紹介してもらえないと意味がありません。

振り込め詐欺に遭っても、現金化業者と詐欺師との間には何の関係もありませんので、現金化業者に文句を言っても振り込んだお金は戻って来ません。
ショッピング枠現金化は、使用目的を問われず誰でも利用できるというメリットがありますが、使用目的を問われないということは、その分消費者の判断力が重要になります。
登録料や情報料の支払いとしてショッピング枠現金化を紹介されたら、振り込め詐欺の可能性を考えて関わらない方が賢明です。

また、消費生活センターに寄せられるショッピング枠現金化に関する相談として、ショッピング枠現金化のシステムやサービス内容についてよく知らないまま取引してしまい、キャンセルできず、どうすればよいかアドバイスを求める相談は多いです。
ショッピング枠現金化については、インターネット上で少し調べれば多くの情報を取得することができますが、お金がなくて焦っていると、業者の言うことを鵜呑みにしてあまり調べないまま取引してしまうケースが多いようです。

業者によってシステムやサービス内容はそれぞれ異なるため、取引内容をすべて確認し、納得してから取引することが大切です。