1. ホーム
  2. ≫返済方法が選べるってホント!?

返済方法が選べるってホント!?

返済方法選択


ショッピング枠現金化は、返済方法が選べるキャッシングです。

現在職探し中で収入のない方など、お金がなくて毎月の返済が厳しい方は多いと思います。
そのような方でも、ショッピング枠現金化ならクレジット会社のリボ払いが使用できるため、最低5,000円+手数料から、返済金額を設定することができます(クレジット会社によって最低支払額が異なる可能性があります)。

一般的にリボ払いは、月々の返済額が少なくて済むぶん金利が高くなるといわれていますが、それは返済期間が長引いたときの話であり、収入が入り次第まとめて返済すれば金利負担はさほど大きくなりません。
リボ払いは、いつでも好きな時に好きな金額を繰上返済できますので、「今月は厳しいから返済は少しだけ」「臨時収入が入ったからまとめて返済しよう」など、自分の都合に合わせて返済計画を立てることができます。

また、クレジット会社の返済方法には、その他にも一括払い・分割払い・ボーナス払いがあります。
給料日前にキャッシングしたいという方は、一括払いを利用すればカードの金利はかからず、現金化業者への手数料だけで済みます。
分割払いは、リボ払いのように自分で好きな返済金額を設定することはできませんが、毎月決まった金額をきちんと返済したいという方、自分に甘く返済金額を管理できないという方には、おすすめできる方法です。
分割払いも、基本的に繰上返済可能ですので、収入が入り次第どんどん返済すると、金利負担もそれほどかかりません。

キャッシングをすると、借金を返せなかったときに怖いというイメージがあります。確かに、借金を返済できないと最終的に家から立ち退くしかないということもありますが、クレジット会社をはじめ、金融機関側では利用者が無理せず借金を返せるよう、さまざまな返済方法が用意されています。
とくにショッピング枠現金化は、クレジット会社を利用するため、闇金融などのように過剰な金利を請求されたり、いきなり家まで取り立てに来られたりする心配はありません。

また、クレジット会社の金利は消費者金融よりも低く、長期借入でも負担になりにくいというメリットがあります。
事情があって消費者金融を利用できない方、審査を受けずにすぐにお金を手に入れたいという方は、ぜひショッピング枠現金化を利用して手軽にキャッシングしてみましょう。
ショッピング枠現金化は、消費者金融を利用できない公務員の方にもおすすめです。

支払いが簡単

支払簡単


ショッピング枠現金化の支払い方法は、消費者金融と比べるととても簡単です。
消費者金融も、店舗に行かずに最寄りの提携ATMを利用することができるので、楽と言えば楽なのですが、家の近くに提携ATMがないと振込も一苦労ですし、振込のたびに手数料がかかるケースも多いです。

一方、ショッピング枠現金化はクレジットカードの立替払いを利用するため、直接の支払先はクレジットカード会社であり、支払日もクレジットカードの毎月の支払日となります。
ショッピング枠現金化は、キャッシングのようなイメージがある方も多いと思いますが、あくまでクレジットカードのショッピングですので、所定の支払日になると他のショッピング代金とともに銀行口座から引き落とされます。銀行口座にお金が入っていれば、わざわざ入金する必要がありません。
また、自動引き落としですので振込手数料もかかりません。この支払いの手軽さが、ショッピング枠現金化のメリットの一つです。

さらにショッピング枠現金化は、支払方法を選べるというメリットがあります。

消費者金融からお金を借りると1日毎に利息が発生しますが、ショッピング枠現金化では一括払いや二回払いなど利息のかからない支払方法を選択できます。支払日をしばらく先にしたいという時は、支払日を約半年間先延ばしにするボーナス払いや、スキップという方法を使用することができます。
また、毎月コツコツ返済したい方は分割払い、毎月の返済額を最小限に抑えたい方はリボ払いという選択肢もあります。
ただし、リボ払いは放置しておくと一向に元金が減りませんので、返済できる当てが出来たらどんどん繰上返済を行いましょう。
自動引落しですので、うっかり忘れてしまわないよう気を付けましょう。

ショッピング枠現金化は、しばしばヤミ金と同列に語られることもありますが、支払い方法一つとってもヤミ金とは大きく異なります。
上記の通り、ショッピング枠現金化の支払先はクレジットカード会社になるため、ヤミ金のように怖いお兄さんたちと会う必要がありませんし、万が一支払いに遅れたとしても、ヤミ金のように厳しい取り立てをされることもありません。

クレジットカード会社の督促は、電話やハガキによるものであり、返済の圧力が低いです。
もちろん、だからといって返済に遅れて良いわけがありません。何度も支払日に間に合わないと、突然クレジットカードを利用停止され、商品代金を一括請求されることもあります。返済が滞らないよう、計画を立てて行いましょう。