1. ホーム
  2. ショッピング枠
  3. 業者
  4. ≫高額商品と明細管理

高額商品と明細管理

明細管理


もし誰にも知られずにお金を借り入れたい、と思った時に、クレジットカードの審査に受かっていれば特に審査を受ける必要のないショッピング枠現金化は大きな味方になってくれますが、ショッピング枠の上限までの比較的大きな金額を借り入れる場合、明細の管理はとても重要です。

家族などと同居している場合に気を付けたいのがこの明細の管理で、逆に言えばその点のみしっかりとクリアしていれば特に疑われる事も少ないのが、ショッピング枠現金化の最大のメリットと言えるでしょう。

それまでもクレジットカードで高額商品を買ったことがあるという人にとって、カードの明細が送られてくるときに取引内容がどのようになるのかというのは関心の高い点だと思います。
買い物をした取引先に企業名が印字されるような事はなく、ネットショッピングのような明細形式になるのがショッピング枠現金化です。
金額はしっかりと印字される為、これを家族に見られてはマズイという時にはシュレッダーで処分するなど、しかるべき手を打って管理しましょう。

その点だけ注意を払う事が出来れば、単に自分のクレジットカードを使って買い物をした後に返済していくのと変わりがないという事はお分かり頂けると思います。

また、現金化業者には買い取り型の業者とキャッシュバック型の業者があり、実際に商品を取引後に現金化業者に郵送する必要がある場合があります。
自宅に送られてきた商品を家族に知られたくないという場合は、受取を局留めにしてもらうか自分しかいない時間に指定するなど、注意を払う必要があります。

ショッピング枠現金化の業者は貸金業者と異なり、取り立てという概念を持っていません。
その為自宅に何度も取りたての連絡があるという心配はまず持つ必要がないですが、その代わり滞納した場合、クレジットカード会社からは延滞の連絡が来ることも考えられます。
周知のとおりクレジットカードの契約は信用情報をもとに成り立っている為、一度でも支払いが滞ると記録に残り後々のカード契約やローンなどに響きます。
その点を認識し、クレジットカード会社に対してはしっかりとした返済計画を立てましょう。

様々なニーズに合わせて進化を遂げてきた現金化ですが、消費者金融などと比べるとかなり女性向きで、抵抗なく使える方法である事は確実です。
明細や支払いなど最低限の部分の管理をしっかり行う事によって、よりその安心感を認識する事が出来、急な出費の際もあわてずに済むでしょう。

自分で計算して業者に確認をする

自分で確認しよう


急な出費がある時などは便利に使えるショッピング枠現金化ですが、悪徳業者に騙されることがないようにご自身でも充分に気をつけるようにしましょう。
消費者金融や銀行、そしてクレジットカードの契約にもある金利は、計算が複雑で、月々の返済がいくらになるのか、そしてどれだけの金利がついて、返済が終わる時にはトータルでいくら返済する事になるのかを計算することが大切ですよね。
例えば、ショッピング枠の業者を利用する場合に、換金率が90パーセントであれば、100万円の商品を購入すると90万円の現金が手に入るとという計算になります。
換金率の計算はとても簡単ですから、ご自身でも計算をして業者と確認をとるようにしましょう。

ショッピング枠の業者が、98パーセントと広告表示をしていても、その中に手数料や郵送料などの諸経費も含まれているのかはわかりませんから、事前にチェックが必要です。
契約の前には、いくらの商品を購入し最終的に現金はいくら振り込まれるのかを確認し、ご自身の計算と業者の提示金額が違う場合には、なぜその金額になるのかも確認しましょう。

曖昧な態度をとる、どうも計算がおかしいという場合には、別の業者と合見積をとるのも良いかもしれませんね。