1. ホーム
  2. お得情報
  3. 裏ワザ
  4. ≫帰りの電車代がない!そんな時は

帰りの電車代がない!そんな時は

お金不足


セミナーやイベントの帰りにお金がなくて切符を変えなかった。」という経験のある方は多いと思います。

特に見知らぬ土地に行った時や、未知のイベントに参加した時、何に対していくらお金がかかるのか分からないことが多いです。

■目的地の場所が分からず迷ってしまい、仕方なくタクシーを使ったら思ったよりもお金がかかってしまった。

■イベントの参加料以外にも会員同士の交流会などでお金がかかってしまい、帰りの電車代がなくなってしまった。

など、

予想外の出費が発生するケースは常にあります。
財布の中に余裕があればそのような事態にも対処することができますが、給料日前でお金がないとそういうわけにもいきません。

クレジットカードさえ利用できれば、後払いで購入することもできます。
しかし、電車代など現金しか通用しない場面では、所持金がなくなると致命的です。
もしも帰りの電車が足りず、歩いて帰るのも難しい場合はクレジットカードのショッピング枠を現金化してATMからお金を引き出すという方法もあります。

ショッピング枠の現金化は、クレジットカードで特定の商品を購入し、商品代金の一部を還元されます。
携帯などがあればその場でインターネットに接続し、業者の公式ホームページから現金化を申し込みます。
すると、商品購入の決済画面へと案内されるため、インターネット決済してあとは銀行口座に現金が入金されるのを待つだけです。

現金化にはいくつか種類があり、入金までに時間がかかるものもあります。
即座に入金して欲しい場合は、キャッシュバック付きの商品を購入するか、メール交換のみで商品売買が完了する買取方式の業者を利用するとよいでしょう。
それ以外の業者でも、先に現金を入金してくれる場合もあるので、ホームページを見て即時に入金可能かどうか確認しましょう。

キャッシュバック方式では通常インターネット決済完了後に入金されるので、最短5分、遅くとも1時間以内に入金されます。
入金を確認したら、近くのATMから銀行口座の現金を引き出し、電車代などに使用できます。

現金化は1万円から数十万円まで、ショッピング枠の範囲内で行うことができます。
ショッピング枠の残高を調べたい時は、クレジットカードの裏面に記載されている電話番号から確認しましょう。

ただし、現金化はクレジットカードの利用規約違反に該当するため、現金化について喋らないようにしましょう。

業者によって現金化の還元率は異なりますので、申し込みの際に確認しましょう。

会計の時にお金がない!ピンチを乗り切る方法

ピンチを乗り切る


友達と豪遊して遊んで気持ちよく解散し、タクシーに乗って自宅に到着したものの、財布の中身が空っぽだった……。

財布の中身を確認せずに飲み過ぎてしまい、お会計の時になってお金が足りないことに気が付いた……。

このような経験はないでしょうか?
飲んだり遊んだりしている時は、気持ちよくなってお金のことをついつい忘れてしまいがちですが、お金が払えないと警察に突き出されてしまうので、非常に手痛いミスといえます。
銀行口座にお金があれば「ATMで下ろしてきます。」と頭を下げれば、少し待ってくれるかもしれません。

しかし、銀行口座も空っぽだとしたら、一体どうしたらよいのでしょうか。

そのような時、苦肉の策としてショッピング枠現金化を行うことも考えられます。
ショッピング枠現金化とは、クレジットカードで購入した商品を転売して現金を手に入れる方法です。
たとえば、10万円のパソコンを購入して新品のまま中古店に持ち込み、8万円で売れたとします。

これが現金化です。

クレジットカードで購入するので支払いは後払いとなり、無一文の状態でもお金を手に入れることができます。
しかし、今まさにお金が欲しいのに、悠長に商品の転売を行っている場合ではありませんよね。
一刻も早く現金を手に入れたい、そのような時は、キャッシュバック方式を利用します。
キャッシュバック方式とは、クレジットカード現金化の一種であり、特定の商品を購入することで商品代金の一部が銀行口座に送金される仕組みです。
商品自体は本やCDなどたいしたものではありませんが、現金化業者から高値で購入することで、購入代金8割程度が銀行口座にキャッシュバックされ、すぐにATMから現金を引き出すことができます。
商品を売買せずとも、業者のホームページからインターネット決済を行うだけで現金を入手できるので、急いでいる方にはおすすめです。

インターネット決済にかかる時間は5~30分ですので、最短5分で現金化できます。

ただし、クレジットカードの悪用を予防するために、初回は本人確認を行う必要があります。
本人確認は、運転免許証やパスポートなど身分証明書を提示する必要があります。
携帯で画像を撮ってメールで送信するか、コンビニのコピー機などを使用してFAX送信しましょう。
確認が取れたらインターネット決済、ATMから出金という流れとなります。

ATMのあるコンビニを利用すれば、本人確認から出金まで一通り行うことができるので、「ちょっとコンビニで下ろしてきます」という言い訳も通用するかもしれません。